賢く・楽にできる遺品整理ノート【茨城編】 > 遺品整理でよくあるお悩み解決します!

遺品整理でよくあるお悩み解決します!

女性のイラスト

遺品整理は、そう何度もするものではないので、何から手をつけたらいいのかわからない、遺品をどのように処分したらいいのかわからないという人も多いと思います。ここでは、そんな、遺品にまつわるお悩みについてまとめています。

遺品整理のお悩みとは?

何から手をつけていいのかわからない

遺品整理をするにあたり、まずすべきことはスケジュールを立てることです。いつ始めて、いつまでに終わらせるかを明確にした上で、作業を始めるようにしましょう。

大まかなスケジュールが決まったら、遺品を分類していきます。まずは、残す物と処分をする物に分け、その後、残すものは形見分けする物を選別し、処分する物は売る物と捨てる物に分けていきます。最後に部屋の掃除をしたら完了です。

遺品の処分方法がわからない

遺品の分類はできたけれど、遺品の処分方法がわからないという場合もあるかもしれません。遺品を整理していると、処分に困る物も出てきます。

写真、仏壇、着物、家具・家電などがその代表格です。これらの遺品の処分方法についてまとめています。

写真

残す物をピックアップして、アルバムに整理し直したり、データ化すると言う方法があります。処分する写真は、お焚き上げしてもらうといいでしょう。

仏壇

ご先祖様の魂が込められている仏壇は、閉眼供養をして魂を抜いてから、お焚き上げをしてもらうという方法が一般的です。

着物

そのまま着物として着ない場合には、ワンピースやドレス、バッグなどにリメイクすることも可能。売る場合は専門の買取業者がおすすめです。

家具・家電

処分するのにお金がかかってしまうため、リサイクルショップに売ったり、新しい物を買ったときに引き取ってもらうとお金がかかりません。

これらの遺品は、遺品整理業者に買い取ってもらったり、処分してもらうこともできます。

孤独死してしまった場合

高齢化や核家族化が進み、高齢者の一人暮らしが増え、近年、孤独死が増加していると言われています。孤独死をしてしまうと、遺品の整理に時間がかかったり、特殊清掃が必要になるなど、遺族や親族はその対応に追われることになります。

遺品整理と特殊清掃の両方に対応している、遺品整理業者に依頼するのもひとつの方法です。

「安くて頼れる」
茨城県の遺品整理業者3社

茨城県にある遺品整理業者の中で、安くて信頼できる遺品整理業者をピックアップしました。

※料金は1R・1Kの部屋を依頼したときの金額です。また、あくまでも目安であり、遺品の量や作業内容によって変動する可能性がございます。
※信頼できるのポイントは遺品整理士の資格の有無で判断しています。