賢く・楽にできる遺品整理ノート【茨城編】 > 遺品整理でよくあるお悩み解決します! > 孤独死してしまった場合

孤独死してしまった場合

女性のイラスト

高齢化や核家族化が進むにつれ、一人暮らしの高齢者が増え、孤独死も増加していると言われています。孤独死は、貴重品などの捜索に時間がかかる上、発見されるまでに時間がかかってしまうと、室内に臭いや汚れがこびりつき、それらを除去するためには特殊清掃が必要になるケースもあります。孤独死してしまった場合の遺品整理の仕方についてまとめています。

孤独死してしまった場合の遺品整理とは

近年、核家族化が進み、一人暮らしの高齢者が増えています。それに伴って、孤独死がひとつの社会現象として問題視されています。

親や親戚が孤独死をすると、遺族や親族はその対処に追われることになります。孤独死の場合、生前から親族との交流が少ないことが多いため、どこに貴重品や重要な書類など保管されているのかがわからず、その捜索に時間がかかってしまうことが多々あります。そのため、遺品整理には相当な労力と時間がかかります。

遺品整理のための時間を取ることが難しい、遠方なのでなかなか行くことができないという場合には、遺品整理業者に依頼するのがおすすめです。遺品整理業者であれば、経験上、貴重品がどこに保管されているかも熟知しているので、貴重品などの捜索も早くでき、遺品整理の時間を短縮させることができます。

特殊清掃が必要なケースもある

孤独死の場合、発見されるまでに時間が経っているというケースも少なくありません。

発見が遅れれば遅れるほど、遺体の腐敗が進んでしまい、体液や血液、排せつ物などが流れ出るため、家の中には強烈な死臭が漂うと言われています。さらには害虫が発生することも。

こうなると、通常の清掃では臭いや汚れを落としきることはできず、素人では対応することもできません。そこで、特殊清掃が必要になります。

とくに、故人が賃貸物件に住んでいた場合、原状回復して家主に明け渡す必要があるので、特殊清掃は欠かせません。

特殊清掃は、特殊な薬品や機材を使って、消毒や消臭、害虫駆除を行います。臭いがひどい場合には、除菌や消臭を数日かけて繰り返したり、体液などがフローリングなどの床材に染み込んでしまった場合には、リフォームを行う場合もあります。

遺品整理業者の中には、特殊清掃に対応している業者もあります。遺品整理と特殊整理を同時に依頼することができるので、それぞれの業者を探したり、見積もりを取ったり、手続きをする手間が省け、作業もスムーズに進めることができます。

「安くて頼れる」
茨城県の遺品整理業者3社

茨城県にある遺品整理業者の中で、安くて信頼できる遺品整理業者をピックアップしました。

※料金は1R・1Kの部屋を依頼したときの金額です。また、あくまでも目安であり、遺品の量や作業内容によって変動する可能性がございます。
※信頼できるのポイントは遺品整理士の資格の有無で判断しています。