賢く・楽にできる遺品整理ノート【茨城編】 > 遺品整理でよくあるお悩み解決します! > 遺品の処分方法がわからない > 仏壇は普通に処分していいの?

仏壇は普通に処分していいの?

女性のイラスト

引き取り手がなく、処分しなければならなくなってしまった仏壇。ご先祖様の魂が収められているものなので、そのまま処分するというわけにもいきません。遺品整理における仏壇の処分の方法について紹介しています。

遺品整理時の仏壇の処分の仕方

昔は、ほとんどの家に仏間があり、仏壇が置かれていたものでしたが、核家族化が進み、一軒家ではなくマンションやアパートで暮らす家族も多く、仏間のある家が少なくなっています。

実家の両親が亡くなり、実家にあった仏壇を引き取ろうにも、スペースの問題などから、家に置くことができないという家庭も多いようです。そのため、仏壇の処分を考えているけれど、どのようにしたらいいのかわからずに困っている人が増えているといわれています。

仏壇にはご先祖様の魂が収められているので、粗末に扱うことはできず、そのまま処分するというわけにはいきません。

ではどのように対応したらいいのでしょうか?

お寺や仏具店に相談する

先述の通り、仏壇にはご先祖様の魂が収められているので、処分するのであれば、まずは供養しなければなりません。

仏壇をどのように供養すべきかは、お寺や仏具店に相談するのがいいでしょう。お寺といっても、まったく関係のないお寺に相談するのは失礼に当たりますから、まずは、菩提寺や檀那寺がどこかを確認して、そこに相談してみましょう。

菩提寺や檀那寺がわからない場合には、仏具店に相談を。処分する予定の仏壇を購入したお店の場合、仏壇を買い取ってくれたり、供養やお焚き上げまでしてくれるケースもあるようです。

仏壇は供養してから処分する

仏壇を購入したときには「開眼供養」という、仏壇に故人の魂を宿すための儀式が行われます。逆に、仏壇を処分する際には、「閉眼供養」(「魂抜き」、「お性根抜き」とも呼ばれる)を行い、ご先祖様や故人の魂を抜いてから処分するのが望ましいとされています。

閉眼供養をしたら、その仏壇から魂が抜かれるため、形式上は、粗大ごみとして処分することはできますが、自治体によっては粗大ごみとして引き取ってもらえない場合もありますし、何より、仏壇をゴミとして出すのは心情的にも気持ちのいいものではありません。

閉眼供養をした後は、お寺や神社などで遺品供養やお焚き上げをしてもらうのが一般的です。

遺品整理業者に依頼する

供養やお焚き上げを行っている神社やお寺が近くにない場合、あっても宗派が異なる場合などは、遺品整理業者に相談してみるのもいいかもしれません。

遺品整理業者では、宗派を問わず、仏壇の供養から引き取りまで行ってくれるところがあるので、何度も手続きをする手間もなく、スムーズに処理してもらうことができます。

仏壇を含めた遺品の供養について
詳細はコチラ

「安くて頼れる」
茨城県の遺品整理業者3社

茨城県にある遺品整理業者の中で、安くて信頼できる遺品整理業者をピックアップしました。

※料金は1R・1Kの部屋を依頼したときの金額です。また、あくまでも目安であり、遺品の量や作業内容によって変動する可能性がございます。
※信頼できるのポイントは遺品整理士の資格の有無で判断しています。