賢く・楽にできる遺品整理ノート【茨城編】 > 遺品整理でよくあるお悩み解決します! > 遺品の処分方法がわからない > 着物はどうすればいい?

着物はどうすればいい?

女性のイラスト

親や祖母が亡くなった時に、遺品整理をしていると出てくるのが着物です。着物は、故人が好んできていたということが多く、簡単に処分できるものではありません。ここでは、遺品としての着物の利用法や処分法について紹介しています。

遺品整理で出た着物の利用法&処分法

遺品整理で取り扱いに困るものとして、着物を挙げる人も多いかと思います。着物は、購入するときには高価なものが多いのですが、専門家でないとその価値が判断できず、また、自分で着付けができたり、好きでないとなかなか着る機会もないので、手元に残しておくべきかどうか迷うところです。

故人の着物の利用法や処分の方法としては、次のようなものがあります。

そのまま再利用する

もっとも簡単で、手間がかからないのが、着物をそのまま、着物として利用する方法。自分で着たり、親族や友人に形見分けをするのもいいでしょう。ただし、着物は着る人のサイズに合わせて仕立ててあります。似たような体型の人であれば、そのまま着ることができますが、身長差や手の長さが大きく違う場合には、そのまま利用するのは難しいかもしれません。

布として活用する

着物は着ないけれどとくに思い入れのある物だったり、柄が好きという着物は、ドレスやワンピース、スーツなどの洋服やストール、バッグなどにリメイクするという方法もあります。

また、長い間タンスなどにしまったままになっていた着物は、虫に食われたり、シミができていたりします。そのまま譲ることも、自分で着ることも難しい場合には、虫食いやシミの部分を除いて、小物入れやアクセサリー、クッションカバー、パッチワークの材料などに利用するのもおすすめです。

売却する

質のいい高価な着物があったり、着物の数が多い場合には、着物の買取業者に売却するのが有益です。買取業者の中には、出張買取をしているところもあるので、遺品の着物がたくさんあるという場合にもぴったり。

高価な物でなく、枚数も少ない場合には、リサイクルショップに持ち込んだり、フリーマーケットやネットオークションなどで売りに出してもいいでしょう。

遺品整理業者に依頼する

譲る人も再利用の予定もなく、高価な着物でもないという場合には、遺品整理業者に処分をしてもらうこともできます。遺品整理業者は、着物だけでなく、ほかの物も処分してくれるので、遺品整理で不要な物がたくさんある場合には便利です。

中には、買取をしてくれるところもあるので、検討してみてはいかがでしょうか。

着物の買取も対応!
茨城県の遺品整理業者はコチラ

「安くて頼れる」
茨城県の遺品整理業者3社

茨城県にある遺品整理業者の中で、安くて信頼できる遺品整理業者をピックアップしました。

※料金は1R・1Kの部屋を依頼したときの金額です。また、あくまでも目安であり、遺品の量や作業内容によって変動する可能性がございます。
※信頼できるのポイントは遺品整理士の資格の有無で判断しています。