賢く・楽にできる遺品整理ノート【茨城編】 > 遺品整理でよくあるお悩み解決します! > 遺品の処分方法がわからない > 写真は捨てづらいんだけど

写真は捨てづらいんだけど

女性のイラスト

遺品の中でも処分しづらいと言われている、写真やアルバム。いざ、遺品整理をはじめようとしても、故人が写っている写真を見ると、なかなか作業は進まないもの。ここでは、写真やアルバムの整理の仕方について紹介していますが、無理に行う必要はないので、気持ちが落ち着いてから少しずつ始めてみてください。

遺品の写真やアルバムはどう処分する?

親や親戚が亡くなった後、故人が残した写真やアルバムの処分に困っている人がたくさんいます。写真を見るたびに故人を思い出し、故人が写っている写真をそのまま捨てることに罪悪感を持ってしまう人も多いようです。故人の写真を処分するのは気が引けるものですが、保管しておくのも大変です。では、どのように整理をしたらいいのでしょうか。

まずは、必要な写真を仕分けていきます。必要な写真とそうでないものを判断するのは難しいですが、基本的には自分の基準で構いません。それでも迷うときには

  • 家族旅行などで、家族や親族と一緒に写っているもの
  • 友人や恩師など、大切な人と写っているもの
  • 誕生日、成人式、結婚式など、個人にとって節目となるときのもの

などを基準に判断してみるといいかもしれません。

取っておくと決めた写真は、アルバムに保存してもいいですし、デジタル化するのもおすすめです。

スキャナーを持っていれば、自分で写真を取り込むこともできますが、スキャナーがない、時間がないという場合には、写真屋さんに依頼すれば、CDやDVDに保存してもらうこともできます。

一度デジタル化してしまえば、それ以上の劣化はなく、いつでも現像することもできます。元の写真は不要になるので、処分しても構いません。

ただし、自分でスキャナーを使って取り込むのは時間がかかるので、枚数が多い場合にはとても手間がかかります。また、デジタルデータは、何かの拍子に壊れたり、消えてしまうリスクがあるということも認識しておきましょう。

遺品供養やお焚き上げをしてもらう

残しておく写真と処分する写真を分けたら、処分する写真をどうするか。そのまま燃えるごみとして処分することもできますが、それにはちょっと抵抗があるという人もいるでしょう。

そのような場合、遺品供養やお焚き上げをしてもらうという方法があります。遺品供養やお焚き上げを行っているお寺や神社などに持っていき、供養してもらうのです。近くにそのようなお寺や神社がない場合は、インターネットで受け付けているところもあるので、利用してみてもいいかもしれません。

また、遺品整理業者の中には、お寺と提携し、遺品供養やお焚き上げをしてくれるところもあります。仕事などで忙しく、遺品整理をする時間も取れない場合には、遺品整理業者に相談してみましょう。

写真を含めた遺品の供養について
詳細はコチラ

「安くて頼れる」
茨城県の遺品整理業者3社

茨城県にある遺品整理業者の中で、安くて信頼できる遺品整理業者をピックアップしました。

※料金は1R・1Kの部屋を依頼したときの金額です。また、あくまでも目安であり、遺品の量や作業内容によって変動する可能性がございます。
※信頼できるのポイントは遺品整理士の資格の有無で判断しています。