賢く・楽にできる遺品整理ノート【茨城編】 > 遺品整理でよくあるお悩み解決します! > 何から手をつけていいかわからない

何から手をつけていいかわからない

女性のイラスト

遺品整理ははじめてで、何から手をつけていいのかわからない、突然のことで何をどうしたらいいのかわからないという人もたくさんいるのではないでしょうか。どのような手順で作業を進めていけばいいのか、遺品整理の流れについて紹介していきます。

遺品整理は何から手をつければいいのか?

遺品整理をするにあたって、何から手をつけるべきでしょうか?遺品整理の流れについてまとめてみました。

スケジュールを立てる

まずはスケジュールを立てることから始めましょう。賃貸物件や老人施設で暮らしていた場合、退去日があるので、それに合わせて行動しなければなりません。

自宅で生活していた場合でも「いつから始めて、いつまでに終わらせるか」ということを決めるようにしましょう。「時間ができたら」「そのうちに」と言って、期間を決めないままでいると、いつまでたっても手がつけられず、いつまでたっても終わらないからです。

故人が暮らしていた部屋の広さや所有していた物の量によって、遺品整理にかかる時間は異なります。何からやったらいいのかわからないという場合には、おおよその目安でもいいので、とりあえず、スケジュールを立てることから始めてみてください。

遺品の分類

おおまかなスケジュールが決まったら、遺品を分類します。いきなり細かく分けるのではなく、まずは残す物と処分する物に分けます。

残す物の中から、親族や友人に渡す「形見分け」をする物を選別。次いで、処分する物を「売る物」「捨てる物」に分けて、それぞれリサイクルショップや買取業者に売ったり、廃棄します。

部屋の清掃

賃貸物件であれば、原状回復が必要になるので、清掃をし、必要に応じてハウスクリーニングなどを行い、元の状態に戻すようにします。

遺品整理のプロに依頼してみる

ごく簡単に、遺品整理の流れを紹介しましたが、実際は、かなりの時間と労力を必要とする作業です。

また、亡くなった後は、葬儀やお墓の手配、相続手続き、各行政の手続きなど、やらなければならないこともたくさんあり、ゆっくり遺品整理をする時間がないということもあるかと思います。

仕事で長期間お休みを取るのが難しかったり、遠方に住んでいるのでたびたび行くことができなかったり、故人の愛用品を見ると思い出に浸ってしまい、なかなか作業が進まないという人もいるかもしれません。

そのような場合には、遺品整理業者にお任せするというのもひとつの方法です。

プロに依頼することで、長時間、遺品整理のための時間を割かずにすみますし、大きな家具なども処分してもらうことができます。

不用品の買取や遺品の供養、ハウスクリーニングに対応しているところもあるので、一度、相談してみるといいでしょう。

「安くて頼れる」
茨城県の遺品整理業者3社

茨城県にある遺品整理業者の中で、安くて信頼できる遺品整理業者をピックアップしました。

※料金は1R・1Kの部屋を依頼したときの金額です。また、あくまでも目安であり、遺品の量や作業内容によって変動する可能性がございます。
※信頼できるのポイントは遺品整理士の資格の有無で判断しています。