賢く・楽にできる遺品整理ノート【茨城編】 > こんな要望もOK!遺品整理と一緒にできるサービス一覧

こんな要望もOK!遺品整理と一緒にできるサービス一覧

女性のイラスト

遺品整理業者が行うのは、遺品の整理だけではありません。遺品整理に伴うさまざまなサービスに対応しているところもあります。一つの業者に依頼することで、時間や費用を削減することができるので、他に行っているサービスやオプションがないか、確認してみるといいでしょう。

遺品整理業者が行っているサービス・オプション

供養・お焚き上げ

神棚や仏壇、仏具やお守りはもちろん、故人の愛用品や人形、写真、手紙など、そのまま処分するのは忍びないという遺品は、供養やお焚き上げをすることができます。遺品整理業者では、宗派に関係なく、幅広いジャンルの遺品の供養・お焚き上げに対応してくれるところがたくさんあります。

買取

すべての遺品を手元に残しておくことは難しく、家具や家電、宝飾品、ブランド品などでも、不要なものがあるかもしれません。そのような場合は、遺品の買取を行っている業者に依頼しましょう。遺品を買い取ってもらえれば、遺品整理の費用から相殺することができ、結果として遺品整理にかかる費用を抑えることができます。

ハウスクリーニング

故人が賃貸物件に住んでいた場合、家主に明け渡すためには、原状回復が求められます。エアコンや換気扇などを掃除する一般的なハウスクリーニングではなく、遺品整理業者が行うハウスクリーニングは、部屋全体を掃除してくれるサービスなので、賃貸物件での遺品整理におすすめです。

リフォーム

遺品整理後に、その部屋をリフォームして子どもや親戚が移り住むという場合には、リフォームを行っている遺品整理業者に依頼するといいでしょう。わざわざ別の業者を探す手間もなく、遺品整理が終わったらすぐに作業に入れるので、リフォーム期間を短くすることも可能です。

ゴミ屋敷

高齢者の一人暮らしが増え、体力や認知機能の低下に伴い、家の中を片づけることができずにゴミ屋敷化してしまうケースが多くなってきます。そのまま亡くなってしまった場合、遺品整理にかかる労力はかなりのものになるため、ゴミ屋敷清掃にも対応している遺品整理業者に依頼するといいでしょう。

特殊清掃

社会問題のひとつになっている孤独死。発見が遅れれば遅れるほど、遺体は腐敗し部屋に臭いや汚れがこびりついてしまいます。そうなると、通常の清掃では落としきれないため、特殊清掃が必要になります。特殊清掃も行っている遺品業者に依頼することで、速やかに対応してもらうことができます。

解体工事

家主が亡くなり、誰も住まなくなった場合、家の解体を考えるケースもあるかもしれません。家の解体もできる遺品整理業者であれば、遺品整理から不用品の回収、家の解体までを一度に行ってもらえるので、費用や時間を削減できる可能性があります。

「安くて頼れる」
茨城県の遺品整理業者3社

茨城県にある遺品整理業者の中で、安くて信頼できる遺品整理業者をピックアップしました。

※料金は1R・1Kの部屋を依頼したときの金額です。また、あくまでも目安であり、遺品の量や作業内容によって変動する可能性がございます。
※信頼できるのポイントは遺品整理士の資格の有無で判断しています。