賢く・楽にできる遺品整理ノート【茨城編】 > 悪徳業者に騙されるな!遺品整理トラブル事例 > 遺品をネコババされてしまった

遺品をネコババされてしまった

女性のイラスト

残念ながら、遺品整理時に遺品をネコババされてしまったというトラブルもあるんです。遺品をネコババされないようにするために、事前にチェックしておきたいポイントや、信頼できる遺品整理業者の見極め方についてまとめています。

遺品をネコババ!悪質な業者に注意

遺品整理時に現金や貴重品が見つかった場合、依頼主に渡すのが絶対のルールなのですが、中には、そうした現金や貴重品をネコババしてしまう悪質な遺品整理業者もいます。

遠方に住んでいて、立ち合いをせずに遺品整理を依頼している場合だけでなく、立ち会っていても、家人が席を外したり、目を離したすきに盗まれてしまうというケースもあるようです。

遺品のネコババを防ぐには

こうした遺品のネコババを防ぐためには、まず、業者が入る前に貴重品を探しておきましょう。遠方に住んでいたり、時間がないという場合でも、後々のトラブルを避けるために、自分の目で、確認をすることが大切です。

貴重品をどこにしまっているのかわからない場合は、タンスの上段部分や仏壇の引き出し、本棚、ドレッサーの引き出し、キャビネット、故人の上着のポケットなどを探してみるといいでしょう。

現金や貴金属類はもちろんですが、通帳やクレジットカードなどは、悪用される恐れもあるので、しっかり探しておきましょう。

遺品整理の当日は、できるだけ立会い、業者の行動に目を光らせておくことが重要です。

良質な遺品整理業者の選び方

ネコババなどのトラブルに遭わないよう、信頼できる遺品整理業者を選ぶためには、以下の点をチェックしましょう。

遺品整理士の資格を持っている

遺品整理士は、遺品供養に対する認識や、廃棄物・リサイクル品の取り扱いに関する専門的な知識を持っている人に与えられる資格です。そのため、遺品整理士の資格を持っていると、遺品に対して、正しい処理を行ってくれる、信用できる業者であると考えられます。

見積もり時の対応

見積もりを取ってもらう時の対応によっても、業者の信頼性を確認することができます。冷淡な態度を取ったり、横柄な業者ではなく、遺族の気持ちの寄り添い、丁寧に対応してくれるところを選ぶようにしましょう。

また、見積もりを取る人と作業を行う人が同じところであれば、何度も同じことを伝えずに済みますし、遺族の気持ちや状況も把握してくれているので、整理を気軽に任せることが出来ます。

「安くて頼れる」
茨城県の遺品整理業者3社

茨城県にある遺品整理業者の中で、安くて信頼できる遺品整理業者をピックアップしました。

※料金は1R・1Kの部屋を依頼したときの金額です。また、あくまでも目安であり、遺品の量や作業内容によって変動する可能性がございます。
※信頼できるのポイントは遺品整理士の資格の有無で判断しています。